うつ病の原因は脳にあったのです|ココロのヘルプを察知

うつ病の原因は脳にあったのです|ココロのヘルプを察知

ノンストレスの生活を送るために

病院の助けが必要な理由

患者と2人の先生

自力では回復が難しい病気

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気です。症状は気がつかないうちに少しずつ進行し、やがては仕事や日常生活にも支障を来すようになります。精神力で解決できる問題ではないため、症状を改善させるには心療内科や精神科の病院を受診して治療を受けなければなりません。うつ病発症に脳内の神経細胞が深く関わっていることは科学的に解明されています。セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が何らかの原因で減少することにより、情報伝達能力の低下した状態がうつ病です。精神力で神経伝達物質を増やすことはできませんので、治療するためには抗うつ薬などの薬が必要になります。以前はこうした医学的根拠が社会的に広く理解されていなかったため、うつ病患者の多くは誤解されていました。性格の問題として片付けられたり、精神力が弱いせいだと言われたりすることも少なくなかったのです。近年ではうつ病に対する社会の認知度が向上したせいか、患者に対する理解も拡大しています。脳内の神経伝達物質が減少する原因としては、さまざまなストレスが関係していると言われています。環境の変化や過労、親しい人との死別や離別、人間関係のトラブル、ホルモンバランスの変化や加齢などが挙げられます。そうした事柄に該当し、なおかつ思い当たる症状がある人は要注意です。

病院が支えてくれる

医学は日々進歩し続けていますが、それは精神医学の分野でも例外ではありません。うつ病治療の在り方も数十年前と現在では大きく変わっています。2000年代に入ってからは高い効果が得られる抗うつ薬が開発され、うつ病治療に大きく寄与してきました。それもうつ病の原因が生理学的に解明されてきたことが背景にあります。投薬治療と併用して実施されることの多い心理療法も、複雑化を深める現代社会の状況に合わせて進化しています。認知行動療法や対人関係療法が現在の主流となっており、患者との対話を通じて治療に当たる精神科医や臨床心理士の技術力も向上してきました。うつ病の発症にはストレスが深く関わっていますが、さまざまな病気の原因となるストレスの在り方も、時代とともに変わっていくものです。携帯電話やスマートフォンの急速な普及、少子化社会の中での子育てに対する大きなプレッシャーに加え、高齢者を取り巻く環境も年々厳しさを増しています。そうした現代型のストレスにも柔軟に対応し、うつ病患者の症状改善へと導くために病院と医師は英知を結集しています。高度に集積された知識と情報に加え、最新技術に支えられた医療体制が患者をサポートしているのです。心療内科や精神科の敷居も以前と比べて低くなっています。うつ病に対する社会の理解度がよりいっそう高まれば、治療を経て心の健康を取り戻す人も増えることが期待されます。

心の病いを防ぎましょう

先生と患者

うつ病は、性格によって引き起こされることがほとんどです。ストレスが原因である日突然うつ病になってしまうのです。手を抜くところは抜き、上手に周りの人と協力しながら仕事をこなすと負担がかかりにくくなります。今までの考え方を見直したり、積極的に外出することを心がけることが心の病いを遠ざけてくれます。

View Detail

こころの病気を知ろう

男性ドクター

ストレスの多い社会が現代社会といえます。ストレスを原因としたうつ病患者が増加しているので、精神科の医師も増加しており、都会を中心に治療環境は改善されています。うつ病の治療は薬物による治療や認知行動療法があります。薬物は以前より改善され副作用が減っており、認知行動療法はストレスの捉え方を変える治療です。

View Detail

ストレスを発散する

悩む男の人

うつ病の原因はさまざまで、一つではありません。いろいろなストレスによる場合や、完璧主義の性格から引き起こされる場合などがあり、誰もが発症する可能性を持っています。ストレスをためこまないように注意し、日頃からうまく発散することも大切です。

View Detail

自分で行う行動

相談

うつ病になってしまう一番の原因はストレスになります。うつ病に近い症状が出てしまった場合はすぐに精神科を受診するようにしましょう。またその他の原因は家庭の問題や疲労になります。一人で悩まずに、カウンセリングや薬物治療を受けるが、完治への近道です。

View Detail