ストレスを発散する|うつ病の原因は脳にあったのです|ココロのヘルプを察知

うつ病の原因は脳にあったのです|ココロのヘルプを察知

3人のナース

ストレスを発散する

悩む男の人

心と体はつながってます

うつ病は心の病気です。個人差はありますがいろいろな症状があります。うつかもしれないと思ったことはありませんか。やる気が出なかったり、朝が起きられなかったりすると、うつ病の可能性が高まります。他の症状として憂鬱で悲しい気持ちになり、希望が持てなかったり、今まで好きだった趣味や関心事に興味を持てなかったりするような心の症状があります。また、食欲が湧かない、頭痛がする、休んでいるにも関わらず疲れがずっと抜けないなど、精神的な部分だけでなく、身体的な症状もある場合、早めに病院へ行くことをおすすめします。うつ病は心の症状だけでなく、身体的な症状も多く出るため、患者の多くが精神科ではなく内科を受診します。うつ病は心の病気ですが、心と体がつながっているため、その精神的な不調が体にも出てくるのです。うつ病は神経やホルモン、免疫力にも影響を与えるため、複雑に絡まって身体的な症状が出てくると言われています。 では、どのようにしてうつ病が発症するのでしょうか。現代ではまだはっきりとした原因は判明していません。脳内の神経の伝達物質の働きが、悪くなるのと一緒に、ストレスや環境の変化、体の病気などいろいろな原因が重なって発症すると言われています。うつ病の原因はただ一つではないようです。

ストレスをためこまない

現代で考えられるうつ病の原因にはいろいろとあります。家族や親しい人の死亡や人間関係のトラブル、家庭内の不和や結婚や出産、引っ越しなどの環境の変化、さらに仕事や財産の喪失などの環境に要因があることが考えられます。また身体的には、更年期などによるホルモンバランスの変化や、慢性的な疲労、などが考えられます。また、うつ病は、何らかの過度なストレスが引き起こすこともあると言われています。いろいろなストレスの中で特に、人間関係から来るストレスや、環境の変化からくるストレスが多いです。リストラや家族の死亡など、悲しいことだけではなく、結婚や昇進などのうれしいことによる環境の変化から引き起こされる場合もあります。 うつ病になりやすい人はどのようなタイプの人に多いのでしょうか。一般的に、勤勉で責任感が強く、周囲からの評価が良く、完璧主義の人がなりやすいと言われています。このような人は、完璧を求めてしまうがあまり、頑張りすぎてしまったり、悩みを一人で抱え込んでしまったりして、ストレスをため込んでしまう傾向にあるので、心のバランスを崩してうつ病を発症しやすくなるのです。性格を変えるのはとても難しいですが、できるだけ完璧を求めずに、許容範囲を広げて考え方を変えていくようにしましょう。そうすることでうつ病を引き起こすリスクが軽減されるでしょう。そして日頃から自分に合ったストレスを発散する方法を身につけて置くことも必要です。また、うつ病かもしれないと思ったら、早めに病院を受診すると、いろいろな考え方に対するアドバイスが受けられ、悪化する前に早期に治療が進むでしょう。